このメニューではクレジットカードの歴史についてお届けしています。
(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入

(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入


(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入
最近のクレジットカードといういのは入会金や年会費が一切無料という大変お得なクレジットカードも多くあります。
しかし気を付けたいのがそのようなクレジットカードの場合保険が十分では無いことがあるので注意が必要です。 日本のクレジットカードは、50年前ぐらいから利用されるようになってきました。
しかし現在におきましても依然現金決済が主なものとなっており、まだまだクレジットカードの時代はこれからということです。クレジットカードが誕生した時代というのは、100年前のアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードの概念がなかった当時アメリカでは一般的に利用されてきました。

クレジットカードが流通した時期のアメリカにおきましては現金決済ばかりでなく小切手が頻繁に利用されていたことがありました。
それが進歩した形で完成されたシステムがクレジットカードというわけです。




(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入ブログ:16 8 18

減量のマニュアル本などを見てみると、
適度な運動が効果的…なんてことが、
ほぼ確実に書かれていますよね?

確かに運動をすることによって、
カロリーを消費することができますから、
ダイエット効果が期待できます。

でも中には
「あたくしは運動ギライだから…」という人も…

運動ギライの人でも、できる運動ってたくさんあるんですよ。

例えば、「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、
運動のセンスも関係ありませんよね?

運動神経に自信のない人は、
歩くことを意識してみてはいかがですか?

例えば…
歩くチャンスは、駅にも転がっています。

駅のホームにたどり着くために
階段を上り下りすることはありませんか?

今は便利な世の中ですから、
たいていのところには、
エスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、
1分ぐらいしかかからないのではありませんか?

この1分でも、
エスカレーターを使うのと階段を使うのとでは
消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし日々続けていれば、
そして1ヶ月、1年と続けていれば
結構なカロリー消費をすることになるんです。

歩くという行為は減量からしてみると、
少ないかもしれませんが、
確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

そして、
歩く時には、うでを大きく振りましょう。
うでを同時に動かすことによって、
うでを動かすためのカロリーも消費しますよ。

ちょっとした工夫が、
減量につながるんですよ!

(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入

(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入

★メニュー

(豆知識メニュー)提携ATMでキャッシングはいつでも簡単
(豆知識メニュー)便利なクレジットカードでお得なポイントを貯める
(豆知識メニュー)アメックスを持って海外旅行
(豆知識メニュー)リボ払いが最も多く利用されている
(豆知識メニュー)安心の様々な海外旅行保険が付帯
(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払い
(豆知識メニュー)時代はクレジットカード支払いに突入
(豆知識メニュー)国際ブランドはどこの国に行っても利用可能
(豆知識メニュー)一括払いで賢く返済計画
(豆知識メニュー)要注意!悪質なカード犯罪


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全ての方へ!便利なクレジットカード情報